とみ丸ニュース

トップ | とみ丸ニュース

タイラバ専門への切り替え

新年明けましておめでとうございます。

2019年の年明けを切り替え時期としまして、今年からはタイラバ専門で出船したいと思います。

流し方は釣り座を右舷側のみの片舷ドテラ流しスタイルになります。

タイラバ発祥の地、九州をはじめタイラバ専門の船は基本このドテラ流しになります。

ドテラ流し(横流し)のメリットはラインスラック(糸フケ)を利用してタイラバを斜めに引いてこれます、このメリットとしては、、、


1、斜めにタイラバを引いてこれるのでバーチカル(垂直)なタイラバによりもマダイの遊泳層を長い時間引いてアピールできる。

2、仕掛けが斜めの動きになるのでタイラバの動きが最大限に発揮できる。

3、バーチカル(垂直)な動きのタイラバにはマダイは上を向いてアタックしないといけないが、斜めの動きのタイラバにはマダイもより自然な泳ぎ(横泳ぎ)の中でアタックできる。
(喰いが渋い時などは特に差が出ます。)

4、マダイが活性高いコンディションは潮が速いときです、この潮が速いコンディションをタイラバは対応可能です。

5、ドテラ流しはタイラバが斜めの釣りになるのでより水中イメージをするようになりゲーム性が高く、釣りが面白くなります。


まだまだメリットはありますが、簡単にはこんなところです。

そして最大のメリットはただ単純にマダイの喰いが良いです。

勝浦沖は潮が速いことも多く、水深も深いポイントが多いです、これはタイラバ発祥の地、九州の地形に似ています。

今まで潮が速いコンディションや水深の深いポイントにひとつテンヤでは苦戦させられることが多かったです、なのでよりマダイが釣りたい一心でタイラバ専門でやってみようと思いました。

今までとみ丸にひとつテンヤで来てくれたお客様、本当にありがとうございました。

新年からはタイラバ専門で出船していきますのでよろしくお願い致します。