ひとつテンヤとは?

トップ | ひとつテンヤとは?

ひとつテンヤって何?

 

ひとつテンヤとは・・・
ロッド&スピニングリールのライトタックルとテンヤ
ひとつだけで真鯛を狙うシンプルな釣法です。

シンプルな仕掛けだけに手軽で簡単!
スリリング!誰もがハマってしまう!

それが 『ひとつテンヤ真鯛』 です。

tennya01.jpg

 

ひとつテンヤ釣り 準備について

hitotsu_tennya.gif

【道糸】
PEライン0.6〜0.8号 (基本はPE0.8号)
150m〜200m巻いてください。
PEラインは一色10m、1m単位で目印がついているものご使用ください。1m間隔の目印が目立つものが見やすいのでオススメです。

【リーダー】
2.0〜2.5号  5m
(結べない人は船長が結びます。)

【テンヤ、カブラ】
3〜12号
(船でも自慢のオリジナルテンヤ、カブラ各種販売しています。)

【リール】
スピニングリール 2500〜3000番くらい

【ロッド】
もちろんひとつテンヤ専用竿がベスト!!

その他にはキス竿、メバルロッド、エギングロッド、シーバスロッドなど2.0〜2.5mくらいなら代用可能です。

ひとつテンヤでの釣り方

ebi.jpg

☆ エビ餌はしっかりと丁寧に、なるべくエビが真っ直ぐになるようにつけましょう。

☆ テンヤを落としたら最初はフリーで落していき、
  着底する10~15mくらい手前になったらサミングを
  しながら底立ちを取ります。
  (水深が浅い場合は最初からサミングしててもOK)

☆ ひとつテンヤ釣りでのマダイのヒットパターンは
  底付近でのフォール(落とし込み)の最中や底立ちを
  取って間もない場合が多いので着底付近では神経集中モードです!

☆ アタリがあったら基本即アワセ!
  エサ取りの場合もありますが、エサ取りもろとも
  引っ掛けてしまいましょう!!アワセはシャープにピッシっとね♪

☆ アタリも全然無く、いつの間にかエビ餌が取られてることも多いので
  エビ餌がしっかり付いているかのこまめに仕掛けを回収してエビ餌チェック!

☆ 重要なのは 『仕掛けの入れ替え』 道糸ラインが斜めになったら
  仕掛けを回収して再度投入です。

☆ テンヤのサイズ選びは一般的には水深10mに対して1号と言われてますが、
  潮の流れや潮型によって様々です。サイズ選びに迷ったら船長に聞いてくださいね♪

☆ 初心者の方は、とりあえず簡単に底立ちがわかる号数から始めて、
  徐々に軽くしていくのがオススメです。

☆ 誘い方は潮流れなどによって色々とあります。文字では伝えきれないので実際に船で教えますね。